水素 サプリメント シミ 効果

水素サプリメントのシミへの効果は

 

水素水とは、水素ガスを含んでいる水のことです。水素が含まれる割合をあらわす単位をppmといい、1ppmが0.0001パーセントにあたります。

 

空気中に含まれる水素の量は0.5ppmです。それに対して水素水と認められるためには、0.8ppm以上の水素が含まれていないといけません。

 

つまり、空気中に含まれるよりも少し多めに水素ガスが入っていれば、水素水として認められるというわけですね。

 

一大ブームとなった水素パワー

この水素水に含まれる水素が、体に良い効果があるということで一時大ブームとなりました。水素のもっている活性酸素と結びつくという性質が、体に効果的だというわけです。

 

私たちは普通に生活しているだけでも、エネルギーを作り出す時の副産物として体の中に活性酸素ができてしまいます。

 

そもそも活性酸素は体に侵入してきた細菌などを攻撃し、体を守るという役割があります。

 

しかしストレスやタバコ、睡眠不足などが原因で活性酸素が体の中に増えすぎてしまうと、健康な細胞まで傷つけてしまうことがあります。

 

特にヒドロキシルラジカルという活性酸素は酸化させる力が強いため、体の健康な細胞まで酸化させてしまいます。

 

細胞は酸化すると、変質したり死滅してしまったりします。つまり、細胞の老化が進んだ状態になるのです。

 

水素は抗酸化作用があるので、ヒドロキシルラジカルと結びついて体に害のない水に変えることができます。

 

つまり水素は、体の老化を進めてしまう活性酸素と結びつくことで、体を守ってくれるというわけなんです。

 

「水素水は美容効果がある」という肯定派の主張とは

効果がある、ないと2つの意見に別れる水素水。

 

ここでは、肯定派、否定派それぞれの主張している内容をまとめてみました。

 

まずは肯定派の主張内容です。水素水には3つの美容効果があるとされています。

 

コラーゲンの生成を守る

水素水は間接的ではありますが、コラーゲンの生成を守る効果があります。

 

ビタミンCは水素と同様に、体にできた活性酸素と結びついて無害化できるんです。

 

しかし活性酸素のためにビタミンCを使ってしまうと、本来ビタミンCが担っているコラーゲンを生成するという仕事まで手が回らなくなってしまうんですね。

 

コラーゲン生成に不可欠なビタミンCの代わりに水素が活性酸素と結びつくことで、コラーゲンの生成を守るというわけです。

 

シミの原因になるメラニンを作らせない

活性酸素が増えすぎると、健康な肌も活性酸素から攻撃されてしまいます。

 

肌が直接攻撃されるのを防ぐために、体はメラニンを作ってメラニンにダメージを受けてもらうようにします。

 

肌が攻撃されなくなったのは良いことですが、そのぶんシミは増えてしまいますよね。水素は活性酸素を減らすことができるので、シミ対策にもなるというわけなんです。

 

シワを作らせない

活性酸素が増えすぎると、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力や若々しさを保つための成分まで攻撃してしまいます。

 

肌が弾力を失って硬くなるとシワのできあがりです。

 

水素が活性酸素を減らしてくれれば、健康な肌を保つための細胞が傷つくのを避けることができます。

 

続いては否定派の主張内容です。水素水に美容効果がないとする主張は2つあります。

 

水素が抜けて水に入っていない

まず1つ目は、水素水は置いておくと水素が抜けるし、そもそも水素があまり入っていないのではというものです。

 

国民生活センターは、水素水のペットボトルを一度開封してからフタを閉めて、時間がたってから水素の量を測るという実験を行いました。

 

すると5時間後には水素の量が最大30パーセント程度まで減り、24時間後には10パーセント程度しか残らないという結果が出たのです。

 

ちなみにフタを開封しなくても、1ヶ月そのまま置いておくだけで水素の濃度は下がってしまいます。

 

このように水素水は放っておくだけでも濃度が下がってしまうんです。良かれと思って水素水を飲んだのに、水素が抜けてしまっていては元も子もありませんよね。

 

しかも、冒頭で解説したように空気より少し水素が多めに入っているだけでも水素水と名乗ることができます。

 

このように考えると、水素水でどのくらいの水素を摂取できるのか疑問というわけです。

 

水素は根拠があいまい

医学的な試験によって、水素が体にとって様々な効果があるとされてはいますが、参加者の少ない試験が多いので証拠としては不十分という主張です。

 

水素水がシワの生成を抑制するという研究結果もありますが、その研究に関わった被験者は6名とやや少なめでした。

 

しかしそれでも手順を踏んだ研究の末に効果があるという結論が出されているので、結論自体に意味がないとは言い切れないでしょう。

 

根拠については、今後研究が進んでいくことではっきりしていく部分もあるはずです。

 

ちなみに管理人は医学の専門家ではありませんし、水素水に効果がある、ないとの断定的な書き方はもちろんできません。

 

ただ、サプリメントについて学ぶ中で新しい力への可能性というか、効果があってほしいと思うのが正直な気持ちです。

 

人気の水素水サプリ@「ヘルシアーナ水素」の特長について

ヘルシアーナ水素には、水素の他にもビタミンA、C、Eなどビタミンが11種類も配合されているんです。

 

水素にはもちろん、いちご40個分のビタミンCや、アーモンド400粒分のビタミンEにも抗酸化作用があるので、体の元気な細胞を攻撃する活性酸素を無害化できるというわけですね。

 

ヘルシアーナ水素で使われている水素は、沖縄産のサンゴカルシウムと広島産の牡蠣殻カルシウムを加工したものです。

 

この2つが体内に入って、体の水分と反応することで、体の中から水素を作り出すことができるんですよ。

 

耐酸化カプセルという特殊なカプセルを使っているため、水素が途中で抜けてしまう心配もありません。水素水はすぐに水素が抜けてしまうという弱点を、補うことができるのです。

 

初回は税込1980円で、14日間の返金保障がついています。

 

2回目と3回目は3780円、4回目から11回目は3480円、12回目以降は2980円と継続するたびにお得になるのもうれしいですよね。

 

人気の水素水サプリ@「H2サプリメント」の特長について

H2サプリメントは1粒で水素水1リットル分の水素を補えるサプリなんです。

 

体の中で水素を発生させ続けるタイプのサプリなので、4?5時間効果が持続してくれるんですよ。

 

ちなみに水素水の場合は最高でも1.6ppmしか水素は溶けられません。しかし体の中で水素を生み出すH2サプリメントなら、86ppmもの水素を発生させられるんです。

 

1つのカプセルで作り出すことのできる水素の量が多いので、1日たった1カプセル飲むだけでいいのもお手軽でいいですよね。

 

こんなに水素がたくさん入っていると、燃えやすいのではと心配になるかもしれませんね。

 

水素が燃えやすくなるには4パーセント以上の濃度が必要なので、86ppmではまず燃える心配はありませんのでご安心ください。

 

2ヶ月分で税込12960円で販売されていますよ。