夏 肌荒れ

夏は肌荒れの季節!汗と潤いは別の話?

猛暑で夏バテしている女性

 

うだるような暑い日が続くと、身体がだるくて何もやる気がなくなってしまう・・・という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

いつもは毎日入念にやっていたスキンケアも、夏の暑い時期は、汗をかくと気持ち悪くて保湿を疎かにしてしまう、ということも多いと思います。

 

中には「汗をかくぐらいだし肌が乾燥してるということはないだろう」と思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、汗と肌の水分量は別の話です。

 

夏は汗をかくため、肌がまとうその水分から、冬などに感じる肌の乾燥と同じような自覚症状が起こりにくいため、知らず知らずのうちに肌の内部では水分が不足し、乾燥状態に陥っていることがあります。

 

この状態をインナードライと呼び、夏に起こりやすい肌の症状です。

 

夏までに行っていた保湿スキンケアを疎かにすることで、今まで補給され続けてきた水分が少なくなり、肌内部の水分を蒸発させないために皮脂分泌が増え、さらに乾燥に気づかなくなるという悪循環も。

 

このように、夏は汗による潤いの勘違いとケアの面倒さが重なることで、いつも以上に肌の調子を崩しやすい季節といえます。

 

夏にもしっかりと保湿を軸としたケアをすることで、通年を通して健康的な肌を保つことができるようになります。

 

夏のスキンケアで大切なこと@「クレンジングでの注意点」

クレンジングなど基礎化粧品

 

スキンケアで最も重要と言ってもよいのがクレンジングです。

 

肌の汚れをきちんと落とし清潔な肌を保つことが、スキンケアの第一歩です。

 

肌に汚れや余分な皮脂を残さないことで、続く化粧水や乳液などの水分をしっかり肌の内部へ届けることができるようになるため、スキンケアにおいて疎かにしてはいけないステップです。

 

夏は汗によるメイク崩れを防ぐために、いつもよりしっかりとしたメイクをしたり、日中こまめにメイク直しをするということがあるのではないでしょうか。

 

つまり、メイクによる肌への負担が増える季節といえます。

 

メイクをしている瞬間だけでなく、クレンジングがきちんとされずメイク汚れが肌に残ってしまうとそれが刺激となり、毛穴汚れや毛穴の広がり、色素沈着など肌へのダメージとなってしまいます。

 

かと言って何度もクレンジングによる洗顔を繰り返しても、肌へのダメージが大きくなってしまいますし、肌内部の水分蒸発を防ぐための皮脂までを落としてしまい結果的に乾燥肌になってしまうということもあります。

 

しかし、クレンジングによる肌へのダメージと、メイク残りによる肌へのダメージを比べると、後者の方がダメージが大きいと言われています。

 

メイクの状態に合わせてある程度洗浄力があるものを使用したり、1、2回でしっかりとメイクオフできるクレンジングが理想的です。

 

夏のスキンケアで大切なことA「洗顔の注意点」

クレンジングをする女性

 

クレンジングでしっかりとメイク汚れを落とした後は、肌の毛穴汚れや古い角質を取り除くための洗顔を行います。

 

洗浄力のあるクレンジングであれば肌の汚れもしっかりと落とすことが可能ですが、クレンジングで落としきれなかったメイク汚れを落とす仕上げの意味でも洗顔は有効であるため、クレンジングとは別に洗顔を行うことをおすすめします。

 

先述の通り、何度も洗顔をすることが肌への負担となることもあるため、すでにクレンジングを行った後の洗顔は、保湿効果が高いものなど肌への負担が少ないものを選ぶこともポイントです。

 

また、洗顔の際はこすって洗うということを極力さけ、泡や洗浄力を利用して汚れを浮かせて洗い流すといった感覚で行うことによって、肌同士の摩擦による肌への負担が軽減されます。

 

正しい洗顔については以下の記事でもくわしく解説していますので、気になる方はぜひご覧ください。

 

 

夏のスキンケアで大切なことB「化粧水の選び方・使い方」

化粧水の選び方に悩む女性

 

夏は汗をかくので肌に水分があるような感覚になり、保湿を疎かにしてしまいがちです。

 

しかし、汗と肌の保湿は別物で、汗をかく時期であっても肌の内部をしっかりと保湿することが重要です。

 

やっかいなのがエアコン

特にエアコンの効いた室内で過ごすことが多い方は、室内の乾燥に伴って肌の水分が蒸発してしまい、汗をかいていても肌の内部は乾燥している・・・という状態になってしまっていることがあります。

 

朝のメイク前はもちろん、眠る前に保湿をすることが日中の乾燥対策にもなりますので、しっかりと保湿ケアを行うことをおすすめします。

 

肌の内部に届ける水分として欠かせないのが化粧水です。冬場だけでなく夏にも保湿力の高い化粧水を使用することによって、肌の内部の乾燥を防ぐことができます。

 

また、夏によく目にする化粧水の種類として、「収れん化粧水」や「拭き取り化粧水」があります。

 

収れん化粧水は肌の引き締め効果がある化粧水で、皮脂の分泌を抑える働きがあり、テカリが気になる夏場や脂性肌の方の肌改善に有効です。

 

一方拭き取り化粧水はその名の通りコットンにふくませ、肌の汚れや余分な皮脂を拭き取って取り除くための化粧水です。

 

毛穴汚れや古い角質を取り除いたり、くすみのケアにも効果がありますが、あくまで「拭き取り」化粧水のため、拭き取り化粧水を使用した後は通常の化粧水で水分補給をすることが必要になります。

 

ただし、収れん化粧水にはアルコールが、拭き取り化粧水にはエタノールが配合されているため、敏感肌の方や、目元や口元など皮膚が薄い部分に使用することは避けたほうが良いとされています。

 

夏のスキンケアで大切なことC「夏こそ必要な美容液・クリーム」

保湿クリーム

 

化粧水には水分を補給する効果があるものの、その潤いを保持する力がないため、化粧水だけを使用してもすぐに蒸発してしまいます。

 

そこで、補給した水分を留めるべく利用するのが、クリームです。

 

肌の水分が蒸発するのを防ぐために皮脂が分泌されるように、化粧水によって補給した水分が蒸発するのを防ぐためにクリームを使用します。

 

暑い季節はクリームが肌に重たく感じてしまうこともありますが、のびのよいクリームを使用したり、気に入った香りや清涼感のあるものを利用して夏にもクリームをきちんと使用することで肌の奥、見えない部分の乾燥を防ぐことができます。

 

また、紫外線によって肌に存在するさまざまな美容成分が影響を受け、機能が低下したり、不足してしまうことがあります。

 

これを補うために有効なのが美容液です。美しい肌を保つためには、水分補給だけでなく、それを有効活用する成分が充足していることも重要です。

 

このような成分をダイレクトに補給できる美容液は夏にこそ特に使用したいスキンケアアイテムです。

 

肌を守るために積極的に摂りたい食品(成分)は

肌に有効な成分たっぷりの野菜

 

夏野菜や夏にピックアップされる食材は、実は肌を守るために有効な栄養素を含んでいることが多いです。

 

洗顔やスキンケアアイテムといった外側からのケアとともに、食事という内側からのケアを合わせて行うことで、夏の肌荒れを効果的に防ぎ改善することができるようになります。

 

肌トラブルに強くなるための栄養素を多く含んでいる夏の野菜が、赤色のパプリカやピーマンです。

 

ビタミンCはもちろん、肌のアンチエイジングにも効果的なビタミンEも含まれており、肌を守りダメージを回復させるためにも是非取り入れたい食材です。

 

以下、ビタミンCを多く含む野菜をまとめました。

 

ビタミンCを多く含む野菜

品目 含有量(100gあたり)
パプリカ(赤) 170mg
パプリカ(黄) 150mg
パセリ 120mg
唐辛子 120mg
ケール 81mg
青ピーマン 76mg
ゴーヤ 75mg
ブロッコリー 54mg
かいわれ大根 47mg
キャベツ 41mg
ミニトマト 32mg
クレソン 26mg

 

ビタミンCは夏に収穫されるゴーヤにも多く含まれており、メラニンの生成を抑えるこの栄養素は夏に積極的に摂取したい栄養素の一つです。

 

また、これらのビタミンの吸収を良くする「ナスニン」と呼ばれる成分を含むナスや、美白効果があるリコピンを多く含むトマトなども夏におすすめの食材です。

 

ただ、どれだけ有効な栄養素でも特定の成分だけを多く摂ったりしても意味がありません。月並みな言い方になりますが、いろいろな栄養素をバランスよく摂取することが最も大切です。