目元 しわ 紫外線

照りつける太陽は目もとのシワの原因となる

 

紫外線はいうまでもなく、太陽光に含まれる光ですよね。

 

紫外線は人にとってはとても厄介な光です。人が生きるために必要不可欠なものでありながら、ダメージも供与します。目には見えず、痛みなどの刺激もない。紫外線を浴びていることに感覚がありません。

 

紫外線を浴びることで、人は体内でビタミンDを生成します。紫外線は、波長ごとに3つに区切られ、UV-A・UV-Bと分けられます。

 

ジワジワと肌にダメージを与える

UV-Aは肌の表皮を突き抜け、真皮層まで到達します。そこで、肌組織の破壊をおこないます。コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力・ハリを担う組織をジリジリと破壊・変性・機能低下させてしまうのですが、それがシワやたるみの原因となっています。

 

UV-Bは主として表皮を赤く炎症(=火傷)させます。そして近年明らかになってきているのが、このUV-Bを浴びることで、人は肌を守るためにメラニン色素を増加させます。

 

特に怖いのが紫外線を浴びて破壊された細胞組織の修復時に突然変異を起こす可能性があり、それが皮膚ガンの原因にもなりうることです。

 

この紫外線の影響のうち、特にUV-Aによる真皮層へのダメージというのは即座に現れるわけではありません。

 

時間をかけて、少しずつ影響を受けていきます。コラーゲンやエラスチンなど肌細胞の機能低下、破損、そして加齢によって、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が低下していきます。

 

その結果、シワやたるみとなって現れてくると同時に、メラニン色素の排出が滞り、色素沈着(=シミ・ソバカス)を起こします。この影響の受け方を「光老化」といい、明らかにシワの原因となっています。

 

光老化については次の記事でも細かく解説していますので、よければご覧ください。

 

 

目元の皮膚は薄く紫外線の影響を受けやすい

一番紫外線の影響を受けやすい部位は目もとと言われる理由は何でしょうか?

 

まずあげられるのが、目元の皮膚は薄いことです。

 

つまり、それだけ紫外線の影響を受けやすくなっています。そのため光老化の影響が顕著に現れるのです。

 

さらに皮脂腺が少ないことも大きな要因。

 

最も皮脂腺の多い部位(頭皮などは1cm2あたり400〜900個)に比べてかなり少なく、さらに加齢によって皮脂分泌そのものが減るのでより乾燥しやすくなります。

 

身体の部位による皮脂腺の数
頭皮(頭髪部) 約800個
前頭部 約400個
背中 約40個
手や足 約50個

(※)すべて1cm2あたりの数です。

 

乾燥しやすく、乾燥を原因とするシワ、真皮層ダメージによる肌内部からのシワと、目元にはシワができやすい条件が整っているとも言えます。

 

帽子や日焼け止めなどで紫外線から守るのが効果的

帽子を被る女性

 

どうしても過ぎた時間は巻き戻せないものです。なかなか目に見えるものではなく、実感も伴わないのが紫外線の厄介な点です。

 

しかしながら、紫外線を浴びている影響は、コップに水が溜まるように積み重ねられています。

 

そこに加齢というシロップも少しずつ足されていくのです。特に目元は、このコップが他の部位に比べて小さいのだと考えると良いかもしれません。

 

紫外線対策をおこなうことで、紫外線の影響を最小限にとどめることができます。

 

つばの広い帽子を被るだけでも顔にあたる紫外線を避けることができますし、UVカット仕様の素材であればより効果が高くなります。

 

また、日焼け止めも効果的ですので、日常的に日焼け止めを塗るようにしておくと良いです。

 

最近では、ベタツキ感がなくサラッとしているタイプの製品、朝一度塗ればOKという製品も増えていますので、特に目元を含めた顔・首筋、うなじなどは塗っておくと良いですね。

 

紫外線カットのサングラスはレンズの色の濃さよりカット率が重要

サングラス

 

日差しの強い日は、紫外線カットのサングラスも必須と言えましょう。

 

紫外線は白内障の原因にもなっています。また、目を保護するだけでなく、目元の皮膚も保護できますので、光老化の影響をより効果的に防ぐことが出来ます。

 

紫外線カットのサングラスは、比較的安価なラインからも発売されています。さて、サングラスと言えば “黒っぽいレンズ” として敬遠している方も多いのではないでしょうか。

 

それはもうひと昔前のことです。ここ数年では、クリアレンズでもUVカット率99.9%という製品が多数あります。

 

また、眩しさ軽減にはカラーグラスがありますが、最近ではさまざまなカラーグラスがあり、色の濃さもさまざまです。フレームデザインも多種に渡っていますので、どんな雰囲気のが良いかは色々と試着してみると良いかもしれません。

 

ポイントは、カラーグラスは紫外線カットの有意義性を左右するものではなく、眩しさ軽減であるということです。

 

紫外線カット率の高いものを選択すれば、紫外線の影響を防ぐことができます。UVカットのため、クリアレンズの“ダテメガネ”もお洒落アイテムとして、着実に売れているようです。

 

紫外線対策に効果的な抗酸化成分を摂るのもおすすめ

 

紫外線を浴びることで、体内でも変化が起きています。紫外線から肌を守るため、活性酸素が発生します。

 

この活性酸素というのは、殺菌作用をもち、身体の保護・修復機能をおこなうためのはたらきをします。肌を黒くするメラニン色素も、この活性酸素がメラノサイト刺激ホルモンを分泌させて、メラニン色素がつくられます。

 

しかし、この活性酸素は紫外線を浴びることで過剰に生成されてしまうのです。過剰に強力な防御態勢を築く状態とも言えましょう。

 

そのため、その余剰なエネルギーともいえる活性酸素は、皮膚表面にある皮脂を酸化させ、過酸化脂質となります。

 

さらに、コラーゲンなどの肌の内側にある弾力やハリを担っている線維組織をも酸化させます。結果として、シワの原因となってしまうのです。

 

この活性酸素に対抗するのが抗酸化成分です。抗酸化作用の強い成分は、ポリフェノール・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCとなり、抗酸化力はもちろん、さまざまな効果も併せ持ち、美容や健康に良い成分ともいわれています。

 

さまざまな食品から、比較的安易に摂取が可能です。活性酸素を無効かさせるとされるポリフェノールであるアントシアニンは、ワインをはじめ、ブルーベリーやムラサキイモに多く含まれます。

 

緑茶に含まれるカテキン、大豆などに含まれる大豆サポニンもポリフェノールです。たくさんの種類があるポリフェノールは色のついた野菜や果物に多く含まれています。

 

また、ビタミン類は野菜や果物に豊富に含まれています。バナナ・アボガド・アーモンドなどは抗酸化成分をはじめ、紫外線に対応する成分が多く含まれています。