目 日焼け 対策

目も紫外線からしっかりと守るべき

目のかわいい女性

 

日焼けというと肌ばかり気にしてしまいがちですが、実は目(眼球)も日焼けを起こしてしまいます。

 

日差しの強い日に長時間外で過ごしたり、天気の良い日に運転をしたり・・・室内外にかかわらず、意外に目は紫外線を浴びる機会が多くあります。

 

外出から帰ったら目が充血していた、なんだか痛みを感じる・・・。

 

そんな症状が現れたら、その原因は目の日焼けかもしれません。目の日焼け?見た目にはわからないけれど・・・と感じる方も多いのではないでしょうか。

 

肌の日焼けと異なり、眼球の色が変わるというような見た目にすぐわかるような変化はありません。

 

しかし、モノを見るために重要な角膜や水晶体に影響が出ると、モノが見にくくなる、重なって見える等といった実生活に大きく影響する症状を引き起こすことがあります。

 

目の日焼けは白内障などを引き起こす原因ともなるため、放置しておくのは危険です。

 

かと言って、目が日焼けするのを防ぐために眼球に日焼け止めを塗るわけにもいきません。目の日焼けとはどのようなものなのか、それを防ぐためにはどのような対策が必要なのか。

 

目の日焼けについて詳しく見ていきましょう。

 

目の日焼けで起こる主な症状とは

「目の日焼け」を言い換えると、「眼球が過剰に紫外線を浴びること」です。

 

体にはさまざまな臓器がありますが、その中で露出してしまっている唯一の臓器が眼球です。まぶたはあるものの、普段生活している間は眼球がむき出しになっている状態です。

 

いわば目はハダカなわけです。

 

この無防備な眼球がダイレクトに紫外線を浴び続けたら・・・悪影響が出てしまうことは容易に想像できるのではないでしょうか。

 

目の日焼けで起こる主な症状は、充血や痛み、涙がとまらない、などが挙げられます。

 

これらは比較的軽度な症状ですが、状態が進行すると角膜炎や白内障といった大きな目の病気につながることがあります。

 

季節や天候に関わらず紫外線は地表に降り注いでいます。肌や髪のケアだけでなく、眼球のケアにも注意が必要です。

 

特に、白内障は紫外線の影響が大きいという説も

白内障とは、眼球にある水晶体が白く濁ったような状態になり、視力が低下する病気のことを言います。

 

レンズの役割をする水晶体に異変が起こると、最悪の場合失明に至ることもありますので、きっかけとなりかねない原因はできるだけ排除したいものです。

 

この水晶体に傷をつける原因のひとつとして挙げられるのが、紫外線です。

 

水晶体を構成する保水成分・ヒアルロン酸やタンパク質繊維は、紫外線を大量に浴びると傷ついてしまいます。眼球が受けた紫外線の殆どは角膜で吸収されるため、日常生活で大きな病気に発展することはあまりありません。

 

しかし、特定の波長の紫外線は網膜や水晶体にまで入り込んでしまうため、日常的に紫外線を浴び続けるとそれが蓄積し、水晶体を傷つけ、白内障の原因となってしまうことがあるのです。

 

はじめのうちはあまり自覚症状がありませんが、症状が進行すると景色がぼやけてみにくくなったり、重なって見えたりすることがあります。

 

目がかすんだり、いつもより光が眩しく感じるといったことがあれば、これも症状が進行しているサインとして注意が必要です。

 

目は日焼け止めも使えず対策が厄介

日焼け止めを塗る手

 

目の日焼けを予防しなければ!とぜひ対策を取っていただきたいのですが、肌の日焼け防止のように日焼け止めを目に塗るわけにはいきません。

 

目の日焼け対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずは不用意に紫外線を浴び続けないことが重要です。紫外線が強い時間帯は外出を控えたり、室内でも窓から遠い位置で過ごすことが有効です。

 

紫外線には窓ガラスを透過する波長もあり、室内だから紫外線を浴びないとは言い切れないのです。

 

目が日焼けするというのは、目が炎症を起こしている状態です。この炎症を抑えるために、ゆっくり目を閉じて目を休ませてあげてください。これだけでもかなり症状が落ち着きます。

 

UV対応の目薬も

紫外線が眼球に与える影響は昨今問題になっており、紫外線による炎症を抑える目薬も販売されています。炎症がなかなか治まらない場合はこのような目薬を利用して改善をサポートするのも一つの方法です。

 

また、目がトラブルを起こすと発生する「涙」は、紫外線による影響にも治癒効果を発揮します。

 

もともと涙には目の乾燥を防ぐだけでなく、不純物による感染を防いだり、目の表面にできてしまった傷を治す効果があります。

 

涙が出たからと言って強くこすって眼球に負担をかけることはせず、「涙が汚れを落とし傷を治してくれる」と考え、目から溢れた涙を優しく拭き取って目のケアにつなげてください。

 

目の日焼けを効果的に防ぐアイテムは

目が日焼けするのを防ぐためには、物理的に紫外線をカットすることが必要になります。

 

日傘や帽子を利用するのは、肌の日焼けだけではなく目の日焼けを防ぐためにも有効です。さらに近い位置で目の日焼けを防ぐために、UVカット効果があるメガネやサングラスをかけるのも効果的です。

 

UV400記載のサングラスを

あらゆる波長の紫外線に対応するためには、UVカット率の高いレンズのものや、「UV400」と記載されたメガネやサングラスを選ぶと効果的です。(UV400・・・数種ある紫外線のうち一番長い波長である400nm以下の紫外線をすべてカットできるもので、紫外線対策効果が特に高いと言われています。)

 

日焼け止めを使えないからこそ、肌以上に紫外線から目を守ろうという意識が必要です。

 

また、それらを使用できない場ではなるべく日陰を選んで歩くだけでも、浴びる紫外線量は大きく変わります。

 

利用できるものは利用し、少し意識するだけで目の日焼けを防ぐことができますので、注意して過ごしてみてください。

 

日焼け止めサプリの摂取も効果的

肌なら日焼け止めを塗って手軽にUV対策ができますが、目はそうはいきません。

 

基本的な対策は上述したようにサングラスなどで物理的に紫外線を防ぐことですが、さらに万全を期すなら日焼け止めサプリの摂取も効果的です。

 

2年ほど前から、欧米を中心に爆発的な人気になっていた日焼け止めサプリですが、日本でもまさにブームの始まりになっていて、たくさんの商品が登場しています。

 

多くの商品には紫外線による活性酸素やメラニン色素の増加を防ぐ天然成分(ニュートロックスサン)を含んでいて、日焼けを防ぐことができます。

 

しかも身体の中から働きかけるので、もちろん目の日焼けに対しても有効です。

 

肌の日焼けなら強力な日焼け止めがあるのでそこまで必要ないかもしれませんが、目や髪などもしっかり防ぎたいならぜひ取り入れたいアイテムですね。