ストレス シミ 原因

ストレスは確実に肌をむしばんでいく

仕事のストレスを抱える女性

 

仕事や人間関係、子育てなどで日々ストレスを抱えている方も多いと思いますが、これを単なるイライラや不安だと放置するのはとっても危険です。

 

知らない間にじわじわと肌の調子が狂い始め、気が付いた時には顔中シミだらけ!ということにもなりかねません。

 

まず、ストレスによってお肌がダメージを受けるのには、主に次のような理由があります。

 

活性酸素が発生する

強いストレスを感じると、体は「副腎皮質ホルモン」を分泌させます。

 

これはストレスを和らげる作用を持つもので、本来であれば非常にありがたい物質なのですが、分泌や分解のたびに活性酸素を発生させてしまうのが厄介です。

 

活性酸素は肌細胞をサビつかせる作用を持つので、シミができやすく、悪化しやすい状況を作り出してしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れる

強いストレスを受け続けると血流が悪くなり、これを改善しようとして体はアドレナリンを出して細胞を元気にしようとします。

 

男性ホルモンにはこの状態を持続させる力があるため、本来であれば優位なはずの女性ホルモンが減り、男性ホルモン優位の状態が続いてしまうのです。

 

この時、脳の「中葉」と呼ばれる部分がメラニン色素を作り出す命令を出してしまうことがあり、これがうまく排出されないとシミになって残ります。

 

特に肝斑にはストレスが大きな要因に

 

通常のシミとは違い、左右対称に現れるのが特徴の「肝斑」。妊娠や出産、ピルの服用などがきっかけでできる人も多いことから、ホルモンバランスの乱れが大いに関係しているといわれています。

 

もちろん、ストレスによるホルモンバランスも大きな要因の一つ。

 

肝斑は比較的若い人には少なく、30代からでき始めることが多いのですが、この年代は仕事でもプライベートでもとにかくストレスを抱えがち。

 

責任のある仕事を任されて心労がたまったり、慣れない子育てに振り回されたりして、気持ちが不安定になってしまうのですね。

 

ホルモンバランスは、早寝早起きや運動、栄養バランスの良い食事などの規則正しい生活を送ることによって整いやすくなりますが、こうした生活習慣はストレス解消にも非常に役立ちます。

 

できることから少しずつで良いので、自分が「心地よい」と思える生活習慣を整える工夫をしてみましょう。

 

ストレスは適度に付き合うくらいの心構えが大切

 

ストレスがシミの原因になると聞くと、これを解消しようと躍起になってしまう人もいらっしゃると思います。

 

ですが、あまり思い詰めすぎるとかえってストレスの種を増やしてしまうことになるので、適度に付き合うくらいがちょうど良いです。

 

そもそも、ストレスをなくそうと思ってそのとおりにコントロールできるなら、こんなに悩んでいる人の多い社会にはならないはずです。

 

ストレスをうまく解消するコツは、とにかく無理しないことが重要。

 

好きな音楽を聴いたり、おいしいものを食べに行ったりするなど、自分が心から楽しいと思えることならどんどんやったほうが良いですね。

 

ただ、無理して興味のないリラクゼーション音楽を聴くというような不自然な行動はあまり意味がありません。

 

要は自分の心に負担をかける行動は種類を問わずストレスとなるのです。

 

「これって無理してるかな・・・?」と気付いた時は、一度立ち止まって、自分の本当の気持ちに問いかけてみましょう。

 

最近話題の「アンガーマネジメント」とは

 

怒る女性

 

「アンガーマネジメント」の「アンガー」は、怒りやイライラといった感情のこと。

 

これをうまくコントロールし、上手に付き合っていきましょうというのが、アンガーマネジメントです。

 

私たちが強いストレスを感じる時には、そこへ必ず怒りの感情が入ってきます。悲しくて涙を流す時も、不安でいてもたってもいられない時も、その根底にはまず「思い通りにならない」「理不尽だ」という怒りがあるのです。

 

ですから、いつもポジティブな気持ちでいるには、いかにうまく怒りの感情をコントロールするかが重要。そのための方法として、次のようなプログラムが推奨されています。

 

生理的反応への対応

興奮してカーッとなったり、怒りで頭が真っ白になったりするなど、ストレスが極限まで高まった時の気持ちの静め方を学ぶもの。

 

これを「ストレスマネージメント」と呼びます。

 

認知反応への対応

感情の赴くままに行動するのではなく、一度気持ちを落ち着かせて「このまま怒りの感情をぶつけたらどうなるのか」を冷静に考えられるようにするもの。

 

怒りを態度に表した場合のデメリットを認識できるようになるので、人間関係を壊す機会がぐんと減ります。

 

向社会的判断力・行動力の育成

「自分はどういう人間なのか」「どうしてアンガーマネジメントを受けようと思ったのか」「何を克服しなければならないのか」などについて頭の中を整理する機会を設け、その場に応じた適切な判断力・行動力を身に着けていくもの。

 

これらのプログラムが終了したら、実際にロールプレイで表現の仕方を復習していきます。

 

頭の中だけで考えるより実際に行動に表したほうが理解しやすいので、ロールプレイによって適切な対処法を身に付けると、今までよりずっとうまく人と付き合っていけるようになります。

 

アンガーマネジメントは海外発祥のものですが、日本でも社団法人ができるなどじょじょに浸透し始めています。

 

 

ストレスを和らげる代表的な成分は

 

芳醇な赤ワイン

 

「ストレスを今すぐなんとかしたい!」という時には、ストレスを緩和させる作用のある成分を摂ると効果的です。代表的なものについて説明します。

 

ポリフェノール

ワインやチョコレートなどに多く含まれる「ポリフェノール」には、心身をリラックスさせて緊張を解く作用が期待できます。

 

活性酸素を除去する力もあるので、シミ対策にはもってこいです。

 

テオブロミン

これもチョコレートに多く含まれる成分ですが「テオブロミン」には「セロトニン」の分泌を助ける力があります。

 

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれているもので、イライラや不安な気持ちを押さえ、穏やかな状態に保ってくれるもの。体内時計を正常に戻す働きもあるので、不眠に悩む時にもオススメです。

 

マカ

南米の過酷な環境でたくましく育つ「マカ」という植物は栄養の宝庫。

 

イライラを鎮めたり、ホルモンバランスを整えやすくしたりするだけでなく、ビタミン類やカルシウムなどを補給することでストレスを感じにくい体に変えてくれます。

 

まとめ

 

毎日なにかと忙しく、人間関係も複雑な現代においてストレスをまったくためないようにするのは難しいですが、解消の仕方を知っておくだけでも違いますよね。

 

「アンガーマネジメント」や「ストレス解消に有効な成分」もうまく利用し、心身のリラックスに務めましょう。

 

シミのないすべすべの素肌は、とっても魅力的です!