シミ 消す 飲み薬

シミの飲み薬はれっきとした医薬品

飲み薬の画像

 

シミへの対策法としては、内服の飲み薬もとても効果があります。

 

処方箋がなくても薬局やドラッグストアで購入のできる飲み薬がありますが、シミの飲み薬はれっきとした医薬品です。用法・容量をしっかりと守ることで効果的に成分を体内に吸収することができます。

 

サプリメント?と思っている方も実際にはいますが、皮膚科などで処方される内服薬にとても近くなっている製品も多数あります。

 

処方薬と市販薬の違いと言えば、有効成分について容量の制限が違っています。

 

そのため、市販薬であるシミの飲み薬であっても、ほとんど処方薬と効果が同じであるという製品もあります。

 

「セルフメディケーション」という言葉があるように、市販薬を大いに活用してみるのも良い方法と言われています。現実的にシミに対する治療や処方というのは、保険適用範囲外の自由診療であることが多くなっています。

 

そのため、市販薬を上手に活用して様子を見てみる方が価格的に抑えられるという場合が多いです。

 

医薬品は日本ではこう分類される

処方箋無しで購入のできる医薬品のことをOTC医薬品と呼びます。

 

リスクを4段階に区分し、要指導医薬品・第一類医薬品・第二類医薬品・第三類医薬品と呼び、薬事法によって定められているものです。

 

シミの飲み薬では、第3類医薬品に分類される製品が多くなっています。

 

要指導医薬品に指定されると、薬剤師による指導が必要となり“なぜ・誰が”購入したいのかなどの情報を元に指導をおこなってからの販売となっています。

 

続いて第一類医薬品では、特に注意を要するものとされ、薬剤師による販売、書面による情報提供が義務付けられているものになります。第二類医薬品では、注意を要するものとされ、薬剤師以外でも登録販売者と販売が可能です。

 

風邪薬や解熱剤・鎮痛剤など日常的に使うことの多い医薬品がこちらに分類されています。

 

第三類医薬品では、比較的安全性が高く副作用も少ないものとされていますが、薬剤師または登録販売者からの販売となっています。

 

医薬品では、処方薬と成分含有量が変わらない製品も多数販売されてきています。

 

もちろん、しっかりとした安全性が確立してきたからではありますが、用法・容量を守らないと深刻な副作用が出る場合もあるため、医薬品についてリスクに応じた分類がされているのです。

 

認められた効果

シミの飲み薬については、きちんと服用すれば効果があります。

 

皮膚科でのシミに対する治療でも内服薬の処方はベース治療としておこなわれています。外側からのダイレクトなアプローチも大事ではありますが、内側からの根治的なアプローチというものも大事になってきます。

 

即効性はありませんが、しっかりと用法・容量を守って服薬することで効果があることは、シミの飲み薬が“医薬品”として認可された製品であることからも分かると思います。

 

どんな副作用がある?

シミの飲み薬を服用することに対し、気になるのは副作用についてではないでしょうか?

 

例えば、トラキネサム酸という成分は、肝斑治療にも効果があるとされるほどシミ消しには強い作用を持っています。

 

医療現場では止血剤として使用される成分でもあり、血液凝固作用も持っています。そのため、長期服薬については注意が促されていますし、そもそも長期的に服用する薬ではありません。

 

市販薬の場合、副作用があるなど懸念もあるため、処方薬の半分量での制限があります。

 

原則として、どんな医薬品でも用法・容量を守ることが大前提です。そのためのリスク区分ですし、そのための薬剤師・登録販売者です。

 

さまざまなシミの飲み薬が医薬品として販売されていますが、副作用の報告については多少なりとも上がっています。

 

シミを薄くする効果があるはずなのに、濃くなってしまったというケースもあります。少しでも異常を感じた場合には服用中止をして、皮膚科医の受診を受けた方が良いとされています。

 

おすすめはロスミンローヤル

シミの飲み薬として第三類医薬品であるロスミンローヤルは、とても好評でおすすめです。

 

L-システイン(160mg)・アスコルビン酸(180mg)が配合され、シミ消しに有効とされる成分が2種類、含有量も多くなっています。

 

また、9種類もの生薬が配合されていますので、体の内側から綺麗にするというアプローチを徹底的におこなってくれます。

 

シミだけでなく、小シワの改善にも効果があり、肌のハリや艶アップにつながります。生薬の力もあり、血流改善効果も高く、冷え性や肩こりなど血流の悪化から発症するさまざまな症状の改善にも良い効果があります。

 

血流を良くすることは、肌質の改善効果があり、つまりターンオーバーの正常化にもつながります。

 

内服薬であることから、身体中に成分がしっかり巡りますので、内側からのしっかりしたアプローチとして口コミ評価なども上々です。