乾燥肌 シミ

え、乾燥肌とシミって関係あるの・・・?

乾燥肌の女性

 

乾燥肌という状態は、その名の通り肌に十分な水分が保持されていない状態を表します。

 

では肌を十分に保湿するにはどうしたら良いのでしょうか。ここで重要になるのが角質です。角質は幾重にも重なる肌の層の一番外側を覆っている肌です。

 

外部の刺激から肌を守るバリア機能もあり、また、化粧水や乳液など普段行う外側からのスキンケアがダイレクトに届く層でもあります。

 

乾燥肌の角質は、適切な水分を保持する力がなく、カサカサと荒れた状態になってしまっていることを指します。

 

このような状態になる原因はさまざまあり、具体的には以下のようなものが考えられます。

 

肌を乾燥させるおもな原因

  • 花粉や細菌、外気の気温や室内の湿度調整による刺激が、肌のバリア機能では防ぎきれないほど強い。
  • 刺激の強いクレンジングで必要な皮脂まで落としてしまい、本来肌が保持していなければならない水分まで蒸発してしまう。
  • 加齢により肌に水分を保つための成分が減少し、本来必要な水分を保持できなくなっている。

 

これらはほんの一例ですが、日常で起こりうるさまざまな現象が角質にトラブルを与えるきっかけとなり、乾燥肌を引き起こす原因となっているんですね。

 

肌の乾燥がメラニン生成を促進させることも

シミを気にする女性

 

え、乾燥肌ってシミと関係あるの?と思っている方もいるかもしれません。

 

乾燥肌は肌荒れなどの表面的なトラブルだけではなく、シミにつながるメラニンの生成を促進するとも言われています。

 

潤いのある肌は角質がきめ細やかで、肌を守る力がしっかりと機能しており、肌の内部に刺激を伝えにくい状態です。

 

一方乾燥肌は角質が荒れ、ひどい場合は、まだ肌を適切に守る力がない、これから外側に出るはずの未発達の角質層がむきだしになってしまっており、外部の刺激を内部に届けやすい状態になっています。

 

シミの原因となるメラニンの生成は、紫外線などによる刺激によって、肌の奥の層にあるメラノサイトと呼ばれる細胞に「メラニンを合成せよ」と指示が出てしまうことで起こります。

 

この指示を出すのが、メラノサイト細胞の上の層にあるケラチノサイトという細胞です。メラニンの生成を防ぎ、シミを作らないためには、このケラチノサイトにメラニン生成の指示を出させないことがポイントになります。

 

では、どのような状態になったとき、ケラチノサイトはメラニン生成の指示を出すのでしょうか。

 

現在の研究で、ケラチノサイトは紫外線による刺激を受けて、メラノサイトへ指示を出すと言われています。

 

乾燥肌は外部の刺激を肌内部に届けやすい状態、つまり、ケラチノサイトへ紫外線が届きやすい状態になってしまっているのです。

 

つまり、乾燥肌が直接シミを作るわけでなく、紫外線によるメラニン生成を促進するということですね。

 

水分量の少ない肌はくすみの原因にも

肌のくすみは、肌にハリやツヤがなく、暗く見えてしまう状態のことを言います。そしてこのくすみの原因の一つは、古い角質が肌に残ってしまっていること。

 

通常の肌のターンオーバーは、古い角質が剥がれ、新しい角質が台頭しますが、水分量の少ない肌はこのターンオーバーが正常に行われず、古い角質が長期間排出されないんですね。

 

不要物を溜め込んでいる様は、肌の便秘ともいえます。

 

また、そもそもハリやツヤの元となる肌の潤い、つまり水分が十分に足りていない乾燥肌は、全体的にくすんで見えてしまいます。

 

古い角質をきちんと落とすこと、肌の潤いを保ちハリやツヤを維持することが、肌のくすみを解消する有効な方法です。

 

乾燥肌の保湿は、油分でフタをするのは間違い

保湿クリーム

 

乾燥肌の保湿というと、クリームを一番に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

乾燥肌にクリームをつけると、荒れた角質を油分が保護してくれるため、乾燥肌が改善したように感じてしまいますが、実はこれは根本的な乾燥肌の解決にはなっていません。

 

クリームに含まれる油分は肌の水分蒸発を防ぐフタの役割もしてくれますが、そもそも肌が潤っていない状態に蓋をしても、保湿の効果は得られません。

 

化粧水や乳液で肌に水分をしっかりと補給したのち、クリームでフタをすることによって、初めて「保湿」という効果が得られます。

 

また、保湿の効果を高めるためには、きちんとした洗顔がポイントになります。

 

古い角質や肌の汚れが残っていると、それが化粧水や乳液の浸透を妨げてしまいます。乾燥肌だから洗顔は軽めに、と十分に汚れを落としきれていない状態で保湿をしても、期待する効果が得られません。

 

しかし、乾燥肌にとってクレンジングや洗顔は負担になってしまうのも実情です。

 

加えて、クレンジングや洗顔料を肌に塗布して洗う際に「肌をこする」ことも負荷の一つとなっています。クレンジングや洗顔料は低刺激なものを選んだ上で、洗顔の仕方にも気をつけるべきですね。

 

オイルクレンジングは肌に触れすぎないように優しく撫でるように、泡立ちタイプの洗顔料はたっぷりと泡だてて、手や指でなく泡で汚れを落とすように洗いましょう。

 

このように洗顔の方法で肌への負荷を減らしつつ、しっかりと汚れを落として、効果的な保湿ができる肌に整えます。

 

『正しい保湿』ができる成分はコレ!

保湿はただ、水分を補給すれば良いというものではありません。

 

肌に存在する、水分を保持するための成分が不足していると、いくら水分だけを補給しても肌がそれを保持できないのです。

 

美容成分として注目されている「セラミド」は、高い保水力に加え、肌の水分を層の間に挟み込む重要な役割を持っています。

 

20代を境に年齢とともに減少していくセラミドは、不足することによって乾燥肌を引き起こす原因にもなります。

 

美容液や化粧水など、肌に水分を補給するものにセラミドが配合されているものを使用することによって、肌の保水力アップと水分補給をともに行うことができ、肌の保湿を高めるのにとても効果的です。

 

また、保水力の面で新たに注目されているのがプロテオグリカンです。

 

その高い保水力はもちろんですが、ヒアルロン酸など肌の水分を保持するための成分を増やすなど、他の美容成分の効果を高める働きもあります。

 

加えて肌の新陳代謝を促す働きもあり、適度な皮脂量が肌のハリやツヤを作ります。

 

乾燥肌の保湿は、肌に不必要な負荷を与えないこと(触りすぎない)、必要な水分を維持できる肌にすること(美容成分の充足)、そこに十分な水分を補うこと(化粧水などによる保湿)がポイントです。

 

日々意識してケアすることで、乾燥肌の防止・改善を目指しましょう。