光老化 防ぐ スキンケア

紫外線が肌にダメージを蓄積させる光老化

肌をケアする女性

 

「光老化」とは、その名の通り「紫外線の光によって引き起こされる老化」のことです。

 

普段前髪で隠れているおでこや、洋服の下になって見えないお腹などの部分は真っ白でスベスベしているのに、紫外線の当たりやすい頬や首筋、手の甲などはシミやシワができやすいですよね。

 

これがはっきりと目に見える光老化の症状。紫外線は単に肌を日焼けさせるだけでなく、肌細胞をサビつかせて老化を加速させてしまうのです。

 

ですから「最近シミやシワが増えてきたけど、年齢のせいかしら……」というのは、半分正解で、半分は間違いと言わざるを得ません。

 

同じ年齢でも老けて見える人とそうじゃない人に分かれるのは、紫外線に対する心構えが違うから。

 

こまめなUV対策やスキンケアをきちんと行ってきた人は、年齢を重ねてもそれほど大きなトラブルには見舞われにくいのです。

 

オゾン層の減少が光老化をさらに加速させる

 

地上に届く紫外線には「UVA」と「UVB」の二種類がありますが、近年、これらの降り注ぐ量が増えており、光老化の問題が深刻化しています。

 

というのも、環境破壊によってオゾン層がだんだん薄くなってきているからで、今後、肌トラブルや皮膚ガンに苦しめられる人の数はますます増えるだろうと予想されているのです。

 

また、波長が短いせいで、今のところはオゾン層に阻まれて届きにくくなっている「UVC」も、このままオゾン層の破壊が進めば、いずれ地上に到達する量が増えるかもしれません。

 

「UVC」は他の2つに比べて最も強力な紫外線なので、もしそうなれば光老化の加速は避けられません。

 

お肌のためにも、地球を守る運動を続けていきたいですね。

 

光老化で現れる具体的な症状とは

 

光老化の症状の現れ方は、紫外線の種類によって違います。「UVA」「UVB」それぞれの紫外線による症状は次の通りです。

 

UVA

 

UVAを長期間浴び続けると、コラーゲンやエラスチンなど、保湿に関わる成分を作り出す「繊維芽細胞」がダメージを受け、適正な水分量を保つことが難しくなります。

 

そのため、肌がハリや弾力を失い、ターンオーバーもうまくいかなくなって、シミやシワができやすくなるのです。

 

UVAは波長が長く、じわじわと時間をかけて肌の奥深くまで入り込むもの。

 

照射量が多くて雨や曇りで太陽が見えていない時でも油断できないほどなので、日焼け止めは天気に関係なく毎日使うようにしましょう。

 

UVB

 

UVBはUVAに比べると波長が短く、肌の奥深くまで届くことはありません。

 

しかし、その分エネルギーが強いので表皮にあるメラニン細胞が活性化しやすくなり、シミやくすみの原因となるメラニン色素を大量に作り出してしまうのです。

 

また、遺伝子が傷つくので恐ろしい皮膚ガンになるリスクが高まります。

 

UVBは浴びすぎると皮膚にヤケドのような水ぶくれを作るほど強力なものなので、降り注ぐ量が増える7〜8月はいつも以上に慎重なUVケアを心がけましょう。

 

光老化を防ぐ・和らげる有効な成分は

 

リコピン

 

トマトの赤い色素のことを「リコピン」と呼びますが、これは非常に抗酸化作用の強い成分です。

 

紫外線によって発生した活性酸素は肌細胞を酸化させ、シミやシワを作り出す元となるので、そのまま放置するのはとっても危険。

 

積極的にトマトを食べて、体をサビから守りましょう。ちなみに、リコピンは生のトマトより加工したもののほうに多く含まれているので、ケチャップやトマトジュースなどをうまく活用するとより効果的ですよ。

 

ポリフェノール

 

ワインやチョコレート、リンゴなどに多く含まれる「ポリフェノール」にも活性酸素を抑える力があります。

 

特にリンゴに含まれる「リンゴポリフェノール」は優秀とされていますが、実よりも皮の部分のほうが4倍も多く含むので、できるだけ皮を剥かずに食べるようにしましょう。

 

近頃では農薬を使わない方法で栽培する農家も増えてきたので、そうしたものを取り寄せると安心です。

 

ビタミンC

 

「ビタミンC」といえば昔から日焼け対策として有名な成分ですね。

 

具体的にはメラニン色素を作り出す元となる「チロシナーゼ」の生成を抑えたり、できてしまったメラニン色素を還元させたりする働きがあります。

 

また、活性酸素を抑えたり、コラーゲンの生成を促したりする効果も期待できますよ。

 

食べ物ではアセロラやブロッコリー、赤ピーマンをはじめとする野菜・果物や、海苔などに多く含まれているので、毎日のメニューに取り入れてみましょう。

 

光老化を防ぐのに有効な生活習慣は

 

光老化を防止するには、とにかく紫外線に肌を晒さないことが大切です。

 

外出する時はもちろん、室内で過ごす時もできるだけ日焼け止めを使い、有害な光をブロックしましょう。汗をかくとすぐに落ちてしまうので、その場合はこまめに塗り直してくださいね。

 

日射しのきつい屋外では、日傘やサングラス、アームカバー、UV加工のしてあるパーカーなどをうまく活用すると効果的です。

 

また、規則正しい生活を送り、肌の抵抗力を高めることも重要です。

 

夜しっかり寝ると「若返りホルモン」と呼ばれる成長ホルモンがたくさん分泌され、紫外線によるダメージを回復しやすくなります。

 

最低でも5〜6時間はぐっすりと眠り、肌細胞の生まれ変わりを助けましょう。

 

食事は、先程紹介した「リコピン」「ポリフェノール」「ビタミンC」の摂れるものをうまく取り入れながら、なんでもバランス良く食べるようにしてください。

 

栄養が整うと肌の抵抗力が増すので、紫外線の影響を受けにくくなりますよ。

 

そして、適度な運動も必要です。

 

軽く汗ばむ程度の有酸素運動を毎日続けると、血液の流れがスムーズになってターンオーバーが正常化します。

 

ただし、外で長時間運動すると紫外線をたくさん浴びてしまうので、運動のタイミングには気を配りましょう。エアロバイクや水泳など、屋内でできる運動をするのも一つの方法ですよ。

 

まとめ

こまめな日焼け対策と規則正しい生活習慣で光老化を防ぐ!

 

全く紫外線を浴びずに生活するのは無理ですが、日焼け止めや日傘などのアイテムを上手に利用したり、規則正しい生活を送ったりすることで、影響を最小限に食い止めることは可能です。

 

10年後も、20年後もキレイな素肌でいるため、さっそく今日からUV対策を始めましょう!